menu

詰め物・被せ物・ホワイトニング COSMETIC

白く美しい
ノンメタルの人工歯で
歯の健康寿命を守ります
Protects healthy life expectancy of teeth

歯の形や色が気になるだけで、うつむきがちになったり、口元を隠して話したりされていませんか?詰め物・被せ物治療では、オールセラミックやジルコニアなどの素材を使うことで、審美的に優れたお口元の見た目や、汚れが付きにくく予防性の高い口内環境を得られます。

歯の美しさは見た目への自信に繋がり、人とのコミュニケーションを楽しみにさせるなど、プライベートと仕事の両方に潤いを与えることが期待できるでしょう。
また、歯が長持ちすることで、健康寿命の維持にも役立ちます。審美と機能を併せ持った治療により、人生をより豊かにしていきませんか?

身体に優しい
メタルフリー治療へ対応

詰め物や被せ物に金属を使わないのが、メタルフリー治療です。従来では詰め物・被せ物に丈夫さを求めて金属が使われていましたが、劣化の速さや金属アレルギーによる体調不良が問題とされ、金属を使わない治療技術の開発・発展が進められてきました。

セラミックやジルコニア、E-maxなどのノンメタル素材は、吸水性が低いため唾液による 劣化がなく、歯との間に隙間ができにくいのが特徴です。金属が含まれていないため、金属アレルギーがある人にも心置きなくご利用いただけます。

口内炎が頻繁にできる、全身がだるい、身体のあちこちに湿疹ができるなどの症状は、お口の中の金属が原因かもしれません。原因不明の症状にお悩みの方は、一度メタルフリー治療の検討をお勧めいたします。

詰め物・被せ物に使われる
素材の種類について
TYPE

E-max

E-maxは歯科用に開発された陶器素材です。色彩豊かで透過性もあり、天然の歯に最も近い見た目 を再現できるといわれています。
強度もしっかりとありますが、ある程度の厚みがなければ割れる可能性が高いため、金属素材と比べて歯を多く削ることで耐久性を持たせるケースがあります。

ジルコニア

ジルコニアは合成ダイヤモンドに使われている、非常に強度が高いノンメタル素材 です。酸に強く経年劣化しにくいことから、変形・変色することがありません。表面がツルツルしていることに加え、丈夫で傷が付きにくいため、虫歯や歯周病、口臭の予防にも効果的です。

オールセラミックやE-maxと比べて多少色の再現度は落ちますが、透明感があり、奥歯に被せ物として入れてもほとんど違和感のない仕上がりを目指せます。

ゴールド

勤続の中でも柔らかくて金属アレルギーのリスクが低い金を多く配合した、天然歯にとって優しい素材です。歯は毎日の食事や歯ぎしりなどの習慣ですり減っていきますが、保険診療の銀歯は丈夫なため形が変わらず、歯との間に隙間ができて2次虫歯が起こりやすくなります。

一方、ゴールドは歯と一緒に形を変えていくため、歯との間に隙間ができにくく、再発防止に効果的だといわれています。ゴールドは外から見て目立つため、奥歯の治療に使われるのが一般的です。

オールセラミック

被せ物治療の時に、セラミックのみを非常に美しい仕上がりになる素材です。
セラミックは陶磁器であり、歯に被せても金属のように化学反応を起こすことがありません。

歯茎の黒ずみや金属アレルギーのリスクがなく、身体に優しいのがメリットの一つです。吸水性が低いので変色や変形をすることがなく、メンテナンスをしていれば健康な状態を長く維持できます。

目立たず違和感の少ない
入れ歯で、快適な生活をサポート

たとえ一部分でも歯を失ってしまうと、食事がしにくいだけでなく、発音が不明瞭になる、見た目が悪いなど、様々なデメリットが発生してしまいます。そんな不自由さをサポートしてくれるのが、部分入れ歯や総入れ歯です。
一見、使いにくそうなイメージを持たれる入れ歯ですが、きちんと使う練習を行い、お口に合わせて調節してくことで、ある程度快適に生活を送れるようになります。

また、現在では外から見ても目立ちにくい入れ歯 も開発されており、審美的なこだわりがある方にお勧めです。「今使っている入れ歯が合わない」「入れ歯を付けていることに気が付かれたくない」などのお悩みがある方にも、付け心地が良くストレスの少ない入れ歯の提供を目指しています。

お口元の見た目を
損なわない
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、歯に固定するための「金属のバネ」がない入れ歯の総称です。金属ではなく、歯肉の色に馴染みやすいピンク色の樹脂で固定しており、周りに入れ歯を付けていることに気が付かれにくいのが特徴です。金属が一切使われていないことから、金属アレルギーの方にもご利用いただけます。

保険診療の入れ歯と比べて薄手で装着時の違和感が少ないのですが、その分強度は低く、過度な力や衝撃で破損するリスクもあります。お食事や運動の際には丈夫な保険診療の入れ歯を、外出やお仕事など人とコミュニケーションを取る際にはノンクラスプデンチャーを使うなど、状況に合わせた使い分けがお勧めです。

白さと丈夫さの両方を目指せる、
歯に優しい
オフィスホワイトニング

ホワイトニング

歯の黄ばみや歯磨きでは取れない着色汚れがコンプレックスで、人との会話に消極的であったり、大きくお口を開けて笑えなかったりする方にご提供しているのが、歯の色素を漂白する「ホワイトニング」です。

歯の色が白くなるだけで、患者さんの表情が明るくなる、自信が付いて引っ込みがちな性格が変わったという事例もあるほど、お口元の見た目は人に大きな影響を与えています。
噛む・話すといった歯の機能だけでなく、自然で美しい歯へと回復することで、心も身体も健康に近づくことができると考えています。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯の表面に薬剤を塗って脱色することで、自然で美しい白さを持つ歯へ導いていく審美的な歯科治療の一種です。

歯が加齢によって黄ばんでいくのは、表面を覆うエナメル質が摩耗し、その下にある黄色みがかった象牙質の厚みが増していくことが理由であり、ごく自然なことです。そして、肌や髪の色が一人ひとり異なるように、遺伝的に黄色みが強い方もいらっしゃいます。

また、毎日の飲食でコーヒーや紅茶、カレー、醤油などの色の濃い飲食物を摂り続けたり、喫煙を繰り返していたりすると、色素が歯に染み込んで黄ばみが濃くなる傾向があります。歯の表面に付着した色素は歯磨きやクリーニングで除去できますが、内側に染み込んだ着色はホワイトニングでなければ、取り除くことはほぼ不可能です。

オフィスホワイトニング
(マリンFAPホワイトニング)

ホワイトニングは歯を削ることなく白くする方法として注目されていますが、使用する薬剤によっては歯の表面がざらざらになる、色戻りが早い、痛みが出やすいなどの特徴があります。これは、エナメル質の表面に細かな傷を付けてすりガラス状にすることで、歯を白く見せているためです。

そこで当院では、 歯の漂白後の白さを長期的に維持し、さらには歯質の強化によって 虫歯予防の効果を期待できる「FAPホワイトニング」を導入いたしました。

FAPホワイトニングでは、歯の表層であるエナメル質の汚れを分解・除去して歯を漂白 します。さらに、フッ化アパタイトでエナメル質の上に層を作ることで、歯がツルツルと滑らかになり、汚れや色素が付きにくくして色戻りが起きにくくできるのです。

歯を傷付けることがないためしみにくく、フッ化アパタイトの効果で虫歯菌が出す酸への耐性を持つ歯に生まれ変わるなど、歯に優しいホワイトニング剤 です。なお、マリンFAPホワイトニングの効果を活かすために、5回以上の施術をお勧めいたします。


ホワイトニングの効き目は患者さん一人ひとりの歯の質によるため、どのくらい歯が白くなるのかを事前にお伝えすることはできません。
患者さんが目指したい歯の白さについて、まずはカウンセリングで納得いくまで話し合いをいたします。患者さんの歯の状態や、当院のホワイトニングの特徴、施術の流れなどを十分にご理解いただいた上で、漂白治療を開始いたしますので、分からないことは何でもご質問ください。

CONTACT お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

TEL 046-833-3838

診療時間 9:30-12:30 / 14:30-19:00
休診日:木曜・日曜

タップで電話する 046-833-3838 24時間WEB予約