インプラント

当院の院長・巻幡はインプラント経験20年、多種多様な症例に遭遇しています。タイルートインプラントでは、神奈川県の第一位の埋入本数実績も持っています。 入れ歯を治したのに合わない方など、是非思い切ってインプラントに変えてみませんか?インプラントについて、少しでも不安や疑問があればお気楽にご相談ください。

● インプラントとは?

インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまった部分の顎骨にネジを埋め込み、そのネジを土台に上から人工の歯を被せる技術です。
インプラントの技術は日々進化を続け、種類は現在50種類にもなろうかと言われています。それぞれが長所・短所があり、扱うメーカーにも特色があります。国内でのサポート体制が整っているメーカー、海外情報に鋭いアンテナを張ったメーカーなど、各々の分野によって得意とするところが違いますので、これも選択基準になります。


それは、インプラントのうわ物を製作していただく技工士も同じです。やはり、得意分野もコストも違います。そういった様々な要素を考慮して、どうするのが無駄な時間・コスト・身体への負担をなくすることになるかを追求しています。そこでマリン歯科では、このような基準を考慮して選択した4種類のインプラントを駆使して、生体や症例に合った、そして経済性にも目を向けたシステムを構築しています。

● 4種類のインプラントについて

シンプルなインプラント症例には、シンプルな構造で、時間やコストパフォーマンスの高いインプラントを、少し複雑な症例(例;インプラントを埋入する骨を増大する場合や、将来インプラントにくっつけるうわ物が変わる可能性がある場合など)は、それに対応したインプラントというように使い分けています。

 

 以下、院長・巻幡の私見とインプラントの使い分けです。あくまで20年経験してきたなかでの私見として捉えて下さい。

最もオーソドックスなタイプです。骨量が豊富で、骨密度も安定している場合、下の顎に多用します。インプラント埋入オペ直後、すでにインプラントヘッドが出ているのがほとんどです。 したがって、インプラントヘッドを出す為のオペが不要の1回法です。スイス製、純チタン製で、生体親和性に優れており、30年の臨床実績でハーバード大学、ベルン大学などで研究続行されています。

チタンの表面にハイドロキシアパタイトコーティングしており、顎の骨とより積極的に結合しようとする利点があります。 この特色を利用して、上の顎や骨の増大をはかる場合、抜歯をした直後に埋入する時などに選択します。2回のオペが必要であること、ハイドロキシアパタイトが感染をおこしやすいというコメントが出ている、やや高価であることが気にかかるところでしょうか?

ITIインプラントのステップをシンプルにしたと いうようなタイプです。下顎の骨の密度があり幅もある 条件が整っている症例には費用も比較的低くでき 優先選択しています。

国内ではいち早く導入しましたが、現在は、使用する頻度は少なく、インプラントのうわ物のバリエーションが多いのですが、フットワークが…。

● インプラント失敗回避のポイント

インプラントは永久的にもち、100%成功する訳ではありません。しかし、ポイントチェックにより、リスクを最小限に抑えることはできます。当院では、以下のようなポイントでインプラント治療を行っております。

Point

感染防止

使用する材料・器具の滅菌、消毒

酸性水での洗口や効果のある薬剤の使用


Point

体調管理

糖尿病、腎機能低下、高血圧の方は、特に要注意

喫煙者の方には禁煙していただくか、術前術後計4週間は控えてもらう。


Point

術中の注意点

適切な圧力で、常に新しい切削ドリルを使用

※高圧をかけての切削器具を使用すると、インプラントのネック部がくさび状に骨消失してきます。

 

負担のかからない回転数による熱傷の防止

※ドリルを高回転にすることで、熱傷を起こすことがあります。骨は熱にデリケートに反応するため、熱傷があれば、インプラント周囲の骨吸収がでます。

 

あらゆる角度から植立の平行性を確認

※複数のインプラントを植立する場合、原則として並行に埋入すべきです。長年の経験と注意力が必要です。


Point4 

術後

適切な投薬

感染が疑われる場合、オペ直後の薬の種類を変えるのが回復させる可能性を高めます。

 

過度な咬み合う力の付与

インプラントの周りには、咬み合う力を受け取るセンサーに乏しいので、注意が必要です。

 

ダウングロス

インプラントの初期固定完了前に、咬み合う力を与えると、骨吸収します。埋入直後に咬み合う力をすぐ与える場合は、より咬み合わせを調整し、負担過重をかけないようにしなければインプラントのネック部の骨が失われてきます。