マリン歯科は横須賀市久里浜の歯医者さん。インプラント・歯周病治療など。

046-833-3838
歯周病治療センター横須賀|久里浜・マリン歯科監修
初診の方へ

マリン歯科のブログ

Drマッキーのブログ
ボランティア活動ブログ
スタッフブログ
NEW
セミナー・講演活動

スリランカ・スタディ・ツアー

絆ジャパンの笠原代表の計らいにより、大好き日本お助け歯隊の活動の一つとしてスリランカ・スタディ・ツアーに行ってきました。

活動の詳細はこちら

ボランティア奮闘記

2011年3月11日の東北大震災を目の当たりにし、ボランティアチーム・大好き日本お助け歯隊を作り活動を続けています。

活動記録の詳細はこちら
スタッフ募集
国民保険制度と歯科医療について
マリン歯科クレド
アンケート
マリン歯科Facebook
マリン歯科携帯サイト

スタッフブログ

5周年❤

2013年3月22日 (金)

こんにちはかわいい の画像衛生士の沼田です赤、色、レッド、かわいい のデコメ絵文字

今年に入って院長の計らいで私の誕生日と勤続5周年のお祝いをして頂きましたハート のデコメ絵文字

昼休みにスタッフと先生方とみんなで久里浜のひさご寿司へかわいいのっ// のデコメ絵文字

お昼をご馳走してかわいいのっ// のデコメ絵文字いただいちゃいましたかわいい のデコメ絵文字かわいい のデコメ絵文字


自分ではもぅ5年も経ったのか・・・とまったく実感はないのですがかわいい のデコメ絵文字

マリンに入ってから担当さえていただいてる患者様とも、もぅ丸5年のお付き合い...かわいい ビビット (*´∇`*) のデコメ絵文字

月に1度はメンテナンスでお会いしている患者様はもぅ身内のようなキャラクター、かわいい のデコメ絵文字笑 のデコメ絵文字


失礼かもしれませんが高齢の患者様には自分の祖父母のような気持ちで接しさせていただいていますハート のデコメ絵文字

5年も担当させていただくと患者様によっては込み入った話を聞いたり、させていただいたりかわいい (*´∇`*) の画像

マリン歯科での患者様との触れ合いやお付き合いが私をここまで成長させてくれたと思いますし、継続してこれたものと思い、感謝していますかわいい のデコメ絵文字ハート のデコメ絵文字

また私を見守ってくれている先生方やサポートしてくれているきゃわたぁーん(「`・д・)「ガオオォ のデコメ絵文字一緒に働いているスタッフのみんなにも感謝の気持ちでいっぱいですかわいい のデコメ絵文字かわいい のデコメ絵文字

院長には10周年を目指して・・・きゃわたぁーん(*'V`ノ*)* のデコメ絵文字と言っていただきましたが、あと5年。。。

結婚もせず何も変わっていなかったら、と考えると軽く恐怖心を抱きつつかわいい キャラクター のデコメ絵文字かわいい のデコメ絵文字(笑)

ただ変わらずマリンで楽しく働ければいいなぁと相変わらずのマイペースで考えている沼田なのでしたかわいい キャラクター のデコメ絵文字Chu!! のデコメ絵文字

6年目かわいい のデコメ絵文字も宜しくお願い致しますA HAPPY NEW YEAR!!! のデコメ絵文字かわいい のデコメ絵文字

カテゴリー: 未分類


カンボジア医療奉仕

2013年3月8日 (金)

こんにちはうさぎ、かわいい の画像。印南です。

三カ月程前の出来事になりますが、昨年に引続き、11月末に、カンボジアに病院 の画像医療奉仕にいってきました飛行機 のデコメ絵文字

その報告会色鉛筆 のデコメ絵文字が先月あり、私は参加できなかったのですが、今月、参加者の先生方から話を聞いたり、

レポートテスト の画像とDVDdvd の画像が届いたので、家 の画像自宅でチェックしました。

医療奉仕活動の場は、首都プノンペンから乗り物 の画像で5~6時間離れた所のクラチェ州という田舎。

生徒数かわいい(*´∀`*) の画像500人程の小学校ではみがき の画像ブラッシング指導と、病院 の画像州立病院での診察病院 の画像を行いました。

ヘタリア日本 のデコメ絵文字韓国 の画像からの内科・耳鼻科・整形外科・歯科の診療で、カンボジアの医学生や

ボーイスカウトの少年少女かわいい(*´∀`*) の画像かわいい(*´∀`*) の画像がお手伝いをしてくれました。

総勢800人超の患者さんが来られました。

州立病院といえども、医療機器が十分に揃っておらず、衛生環境も劣悪な状態、

地方の医師不足にも悩まされている状態ですかわいい(*´∀`*) のデコメ絵文字

そのうち歯科は70人程ででした。残念ながら大抵の処置は抜歯です歯 のデコメ絵文字

韓国からは歯科技工士さんが来てくれるので、10名程歯 の画像入れ歯も作ります。

私は今回、抜歯担当の先生のアシスタントにつきました。

そこに医学生がついてくれて、私と英語での会話を現地のクメール語に通訳してくれました。

お互いにネイティブスピーカー並みの英会話でない為、なかなか伝わらず、

苦戦を強いられたこともありました。

カンボジアのポルポト政権時代の影響で、まだまだ国全体としては他の東南アジア諸国に

比べ、発展が遅い状態です。プノンペンはかなり良くなってきましたが

地方と都市部での貧富の差が激しく、地方はまだまだ栄養失調やキチンとした治療が

受けられない状態だったりと、貧困状態が続いています。

観光スポットでは、”1 doller,1 doller!” とお金を求める小さな子供たちがいました。

報告会やDVDで活動を振り返り、他科の状況もよくわかり、今後の改善点などを考える時間ができました。

今年も参加できたらいいな、とおもっています。

カテゴリー: 未分類